家を買おうと思ったタイミング

投稿者: | 2018年7月30日

様々な生活環境の変化があり新築一戸建てを建てることになりました。
私の務めている会社では、転居を伴う勤務の場合、借り上げ社宅制度により住宅手当が支給される仕組みがあります。私自身もその制度の該当者であったため、住宅手当が支給されていました。
しかしながら従業員が増えるにつれ、借り上げ社宅制度が必要な社員が増加してきたため、会社の制度を改定することになりました。
制度改定の内容が、借り上げ社宅制度の上限を勤続10年以内とするというものになりました。
それに伴い、10年以上勤めている場合には住宅手当が支給されなくなってしまうため、そのまま借り上げ社宅に住み続けても、個人で負担する額が結構多額になってしまうことになってしまいました。
そのため、今までどおり借り上げ社宅に住み続けるか、その他の賃貸物件に引っ越すか、分譲物件を購入するかの選択に迫られることになりました。
そのため、個人での負担額のことや生活環境などのことも考え、良いタイミングだと考え住宅を購入することにしました。