外壁工事

雨漏りがする場合には、一番に考えるのは屋根に問題が生じたのではないかという疑念ですが、原因は屋根にだけあるとは限りません。たとえば外壁に問題がある場合には、雨が建物の壁面を伝い、そこから雨水が建物内部に侵入してしまうことでも考えられるのです。
外壁にひび割れが入っている、窓サッシに隙間ができている、外壁に使われている異なる材料が合わさる部分に隙間ができている(目地材の劣化など)などのトラブルが生じている場合には、このようにして雨漏りを引き起こしてしまうのです。
雨漏りがする場合にはまず屋根をチェックするのが一般的ではありますが、同時に、外壁のチェックも行うようにしましょう。そこでクラック(ひび割れ)などが発見された場合には、速やかに外壁リフォームを行うことを検討し、早めの対策を打つことが肝心。
そのまま放置してしまうと、やがて壁面の内部にまで腐食が進んでしまうなど、大がかりなリフォームが必要になってしまったりすることもあるので注意しましょう。

 

コメントを残す