オール電化後のこと

ソーラー発電の設備を導入し、オール電化住宅にリフォームすることを決める際には、その後のアフターケアやメンテナンスについても一通り確認しておくことをおすすめします。いったん導入した後に細かいメンテナンスが必要になることはありませんが、きちんと正常に発電しているかを定期的にチェックする程度のケアは必要となってきます。
http://reform-konuma.jp/yanesindan/
定期的に発電量を確認して記録しておけば、万が一、どこかでトラブルが起きてしまった場合でもそれが発見されやすいうえ、電気代の無駄使いなどもすぐに気がつくきっかけとなりますので、とても大きなメリットがあるといえます。
ちなみに、掃除などのメンテナンスは必要ありません。ソーラーパネルは屋根の上に乗せているものですから汚れはつきものですが、少々のことであれば発電量も大きくは減少しません。それ以上の汚れは風雨の自然の力によって自然に流れるようになっています。
わざわざ屋根の上に上がって掃除をしたりすると、思わぬ怪我の元になってしまうこともあるため、むしろ不要な掃除は避けるべきです。

コメントを残す